スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

口蹄疫により宮崎から牛が消えてしまうどころか日本の畜産が崩壊する。 

★口蹄疫ってどんな病気?
 ・偶蹄類の動物(牛、豚、羊、鹿、猪等)やハリネズミ、ゾウなどに感染するウイルス性感染症です。
 ・幼児期に感染した家畜は高確率で死亡します。(子牛の場合成年になる確率1%)
 ・死亡しなかった場合も体重の低下や算出する乳量の減少等により負の価値の家畜となります。
 ・感染力が非常に強く、空気感染をします。
 ・潜伏期間は2~10日程度と言われています。 最大は21日間と言われています。
 ・口蹄疫ワクチンは存在しますが、有効度が低い上に感染したかどうかの判断が不可能になる為、使用されません。
 ・感染した家畜を治す手立ては基本的に無いため、殺処分されます。
 ・殺処分された家畜は敷地内もしくは近隣に埋められ、その土地は3~5年間掘り起こせません。
 ・人間には基本的には感染しませんが、キャリアーとして感染拡大の媒体になりえます。
 ・過去大流行した地域では、人間の子供でも口蹄疫感染が疑われる死亡例の記録があります。

★口蹄疫が日本で大流行すると、どう困るの?
 ・牛肉・豚肉価格が上昇します。
 ・乳製品価格(牛乳・バター・チーズ・ヨーグルト等)が上昇します。
 ・食肉と乳製品の価格上昇により多くの加工食品の値段が上昇します。
 ・ブランド牛が消滅します。なお、宮崎ブランドで無くても種牛は宮崎にしかいない場合があります。
 ・国内畜産関係者は事実上廃業に追い込まれます。この保障や大量失業による国家財政の圧迫が懸念されます。
 ・畜産加工業者や流通なども肉がなくなるため経済的に大打撃を受けます。
 ・感染拡大を恐れた他国が日本輸出品の輸入禁止措置を取る可能性があります。
 ・感染拡大を恐れた他国が日本人渡航禁止措置を取る可能性があります。
 ・感染拡大を恐れた他国が日本への渡航禁止措置を取る可能性があります。
  (アメリカ・欧州諸国・オーストラリア等、畜産物輸出国家はこの対応を取る可能性が高い)
 ・これらの処置により、日本は経済的に孤立する可能性があります。
(某掲示板からコピー)




事態を長々と説明するより↓のリンク先を見た方が早いです。

チラ裏の倉庫: やる夫が宮崎県で牧場をしていたようです
今回の流れがわかりやすい。

丁寧語とか、礼儀正しく書いてみる日記2: 5/7 【ミンスの災害対策】 牛にまつわる怖い話写真お借りします。

口蹄疫の問題が報道されない件についてニートな2ちゃんねらー日記
ワロスワロスだけど歯ぎしりした。

口蹄疫・報道規制すれば無かった事になるんですか?|世迷い言だらけ

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』:官邸も慌てて口蹄疫対策を指示

国民が知らない反日の実態 - 口蹄疫問題の正体
何が起こったか、何が問題かほとんど載ってます。


現在報道規制によりテレビ、新聞などでは一切扱っておりません。
NHKに至っては人間に感染しない病原菌は重要視しないとのこと。


この非常事態に民主党がやったこと
民主仕分け組:口蹄疫の発生により被害を受けた畜産農家に融資を行う(社)中央畜産会を仕分け
感染がすでに判明しているのにも関わらずです。

赤松農水相、コロンビア・キューバへの外遊へ
社会主義の英雄にあえてうれしそうでちゅねー。

下手すると九州の畜産が壊滅しますね。
牛乳が飲めなくなったらいくらなんでも気づく人は出るでしょう。

-関連画像- 宮崎での消毒作業、石灰散布など
       865148.jpg 
865143.jpg  865157.jpg
865156.jpg  3
 

 


月別順

9月 民主党、中国産ワラ輸入全面解禁する(以前は安全区域のみ)
9月、民主党、韓国産豚肉輸入解禁する(韓国の口蹄疫の為、9年間中止中)
10月 韓国、某農場でコレラっぽい症状が出るが、口蹄疫を否定(日本政府スルー)
11月 韓国、家畜の移動中止命令出る(日本、依然韓国から豚肉輸入中)
12月 韓国、口蹄疫ではないので出荷しても大丈夫(同上)
1月 韓国、口蹄疫でした。(日本輸入停止)
3月 韓国、終息宣言(日本輸入再開検討、畜産業界に止められる)
4月 韓国、やっぱり口蹄疫見つかる
4月 畜産業界独自に中国産ワラ使用止める(日本政府の指示なし)
4月 韓国、消毒液大量に買い漁る(日本政府なにもせず)←画像参照
5月 日本、殺処分4万5千頭、消毒液不足(国からの消毒液一箱も届かず)

日付順

4月20日:宮崎県にて10年ぶりに口蹄疫感染が確認。農水省、日本産牛肉の輸出を全面停止
 政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部の設置
 赤松大臣、宮崎選出の外山いつきから消毒液などが足らないことの報告を受ける
4月21日:政府からの指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬等は現地の組合が用意したが、数が不足
4月22日:政府、副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」
4月23日:牧場で口蹄疫の感染を確認。子牛を含む全ての水牛の殺処分が確定
4月25日:新たに4頭の感染が確認。殺処分の対象は1000頭を突破、過去100年間で最多を記録
4月27日:東国原宮崎県知事、赤松広隆農水相や谷垣禎一自民党総裁に支援を要請
4月28日:国内初の「豚」への口蹄疫感染疑いを確認
 約70km離れた宮崎県えびの市からも感染が疑われる牛を確認。移動・搬出の制限区域を鹿児島県の一部にも拡大
 自民党口蹄疫対策本部長である谷垣自民党総裁、現場を視察
4月29日:農林水産副大臣が宮崎県に出張。ただし現場には入らず生産者への面会もなし。27日の知事が上京した時にした話を再び聞く
4月30日:自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目にわたる対策要請の申し入れ
 対応を予定していた鳩山由紀夫総理・赤松農水相は、当日になって予定をドタキャン
 夕刻、赤松農水相、コロンビア・キューバへの外遊へ
 民主仕分け組:口蹄疫の発生により被害を受けた畜産農家に融資を行う(社)中央畜産会を仕分け
 自民党口蹄疫対策本部、党本部で記者会見
 「10年前の感染の際は、ただちに100億の予算が確保され、対策がなされた」
 「ところが、この段階になっても、国から宮崎県には、一箱も消毒薬が支給されていない」
 「この状況で農水大臣が外遊するとは、自民政権時代からすれば前代未聞」
 「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、まったくの誤報」
5月1日 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。家畜の殺処分は8000頭超へ
総理、熊本県水俣慰霊式に出席。イグサ農家を視察、サインをせがまれて「い草と畳で友愛」。宮崎はスルー
5月2日 宮崎県、1例目の農場から南に約8km離れた農場で15例目の感染確認
5月3日 宮崎県、感染例17例目確認 殺処分9000頭突破
5月4日、1,2,3,4,5,7,8例目の口蹄疫ウイルスが、最近アジア地域で流行しているものと近縁である(O/JPN/2010)ことが確認された。 19例目確認 殺処分27000頭突破
総理、普天間問題で沖縄訪問。宮崎はスルー。 舟山農林水産大臣政務官、デンマーク出張
5月5日、東国原英夫宮崎県知事が非常事態であると発言する。
1例目から約70km離れたびの市で感染確認、感染23例、 殺処分34000頭に
5月6日までに35農場(児湯郡都農町と川南町、えびの市)の4万4892頭(41,791頭の豚、残りは牛と水牛)が殺処分の対象になった。
 農林水産省「ウイルスは人や車両などの移動で拡散している疑いが強い」
副大臣会見 追加の口蹄疫対策出さずに今まで通り?→山田「それでいいとおもいます」
5月7日 口蹄疫対策を官房長官が指示。小沢幹事長が『選挙協力要請』のため東国原知事と会見予定
【宮崎・口蹄疫】 東国原知事が家畜を処分した畜産農家の全額補償などを要望…小沢幹事長と会談

小沢氏「選挙以外は聞くな」 会見で記者にいら立ち
小沢幹事長、宮崎県訪問。『選挙協力要請』のため東国原知事と会談。
 約20分の会談で東国原知事は小沢幹事長に農家の損失の全額補償など9項目の要望書を提出
 中村県議会議長(自民党)は出席を拒否される。
 平野官房長官が関係閣僚に対策指示、自衛隊の追加派遣も検討
 感染43例目確認、殺処分59000頭に
 JA全農おおいた、5月の家畜市場の開催を中止
5月8日 赤松農水相帰国、栃木県佐野市で富岡よしただの後援会に出席  
5月9日 舟山政務官帰国予定
5月10日 赤松農水相、口蹄疫の防疫対応等を把握するため宮崎県へ出張予定。秋田県への出張は延期。
 ただし現場には入らず、7日に小沢幹事長が聞いた話を再び聞く予定


イギリス

2月20日 イギリスで口蹄疫の発生が確認
2月21日 イギリスからの生体家畜・加熱処理されていない畜産物の輸出禁止
3月8日 と畜された動物総数は7万4千頭余り、
     さらにと畜待ちの頭数は1万8千頭
3月23日 家畜は32万頭、18万頭が処分待ち
4月19日 発生から2ヵ月後 イギリスでの感染確認数が減少傾向
8月15日 発生から6ヶ月 一週間の発生件数3件 完全終息のめどたたず と畜累計375万頭
9月27日 移動制限のエリア化厳密化を徹底、10/1以降発生なしとなり終息

※追記予定

5/9日 追記 殺処分60000頭に
2000年 口蹄疫で700頭処分、被害総額は32億です。
 

日本を憂う人さんコメントありがとうございます。
発生した当初に宮崎へ出入した人が口蹄疫を拾っている可能性が十分ありますね・・・
だとしたらなおさら宮崎へ行く人は口蹄疫が流行しているので牧場、畜産施設に近寄らないなどを全国規模で報道しなければなりませんね。取材はできなくとも報道はできるのだから。
風評被害防止のためだとたまに聞きますが、それは対策を立てて初めて懸念することです。
報道しなければ風評なんて無尽蔵にできると思いますがね。
国際的に特に注意されている家畜伝染病が国内に蔓延し、対策も杜撰となれば防疫のために人やあらゆるものが外部との接触を許されない事態に。
国家の非常事態に日本人だけ知らないってどんだけのんきなんだ!?




畜産だけの問題ならいいですけど
もし、GW中に宮崎で出入りしていた
不特定多数の人を通じて他の場所へ口蹄疫が拡散。
そして日本の別の場所で口蹄疫が発生したら
日本全土どこに広がってるかわからないということで
アイスランドのように世界中から出入国禁止にされます。

そうなると貿易業務も壊滅、
完全に日本全土での口蹄疫の封じ込めを確認できるまで
数カ月も数年も日本は孤立する、なんてこともありえます。

牛・豚・乳製品だけの問題じゃ済まない
と言うのが現実です。
[ 2010/05/08 15:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
Google検索
署名お願いします。
メインメニュー
プロフィール

sadaya

Author:sadaya
このブログは
フリーソフト・フリーゲーム・動画
東方の
動画・画像・ゲーム
を扱っております。
プロフィールの詳細はこちら 
目次はこちら
相互リンクや質問はこちらまで

管理者ページ

リンク
カウンター
最新フリーソフト
ボーカロイドエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。